京阪中之島線トンネルウォーク

皆さん、とってもお久しぶりです。なんとか無事です。
さて、昨日は、今年10月19日に開通予定の京阪中之島線トンネルウォークに親子三人で参加してきました。息子が申し込んでいたものでした。

京阪8000系特急で出発
※京阪8000系特急で出発

集合時間は午前9時40分の組。集合場所はなにわ橋駅建設現場。北浜駅で降りて、難波橋を渡り、中之島通を西に歩き、中央公会堂前まで行くと、会場入口と受付がありました。

難波橋
※難波橋

中央公会堂
※中央公会堂

会場入口で
※会場入口で

受付を済ませ、資料一式を受け取った後、トンネル内での諸注意など簡単な説明を受けます。構内に入る前にヘルメットと軍手で装備します。猛暑日にヘルメット着用はかなりの気合いが必要です。

説明を聞きます
※説明を聞きます

なにわ橋駅構内入口前で
※なにわ橋駅構内入口前で

工事中の駅構内は、地上よりはやや涼しい感じ。でも、まだかなりホコリっぽく、新建材の匂いと合わさって、なかなかのもの。なにわ橋駅のホームから、いよいよトンネルに降り立っていきます。

なにわ橋の表示板
※なにわ橋の表示板

トンネルウォーク開始!
※トンネルウォーク開始!

トンネルは工事が完了していて、とてもきれいです。今にも試験走行を始められる状態に見えました。実際に地下の軌道沿いに歩いてみると、実にたくさんの設備が整えられていることがわかります。

大江橋の表示板
※大江橋の表示板

渡辺橋の表示板
※渡辺橋の表示板

各駅の間隔は、300数十メートルから500メートル程度。最後の渡辺駅と中之島駅がやや長めです。中之島駅の手前で、トンネルの壁の材料が変わります。地下深い所では黒いダクタイル製のDCセグメント、浅い所では白いコンクリート製のRCセグメント、とのこと。

トンネル壁面の色が変わる
※トンネル壁面の色が変わる

中之島駅は、壁に木製板が敷き詰められていて、木の香りが漂っていました。ホームの構成は淀屋橋駅に似ていますが、3番線ホームまでしかありません。ホーム幅が取れないためだそうです。

ホームの壁面は耐火木製板
※ホームの壁面は耐火木製板

約一時間をかけて2kmを歩いたことになります。終点の中之島駅ではなにわ筋に向かって地上に上がりました。京阪バスが用意されていて、淀屋橋まで送り届けてくりました。

ようやく地上の光が
※ようやく地上の光が

バスが待ってくれていました
※バスが待ってくれていました

京阪9000系特急で帰ります
※京阪9000系特急で帰ります

京阪沿線の住民にとっては(中之島の「島民」さんたちの通勤は別にして)、中之島線ができると、中央公会堂やバラ園、リーガロイヤルホテルやフェスティバルホール(建て替え予定)などなどに行きやすくなるのが楽しみですね。


※YouTubeも見てね!

ファミリーレールフェア2007

皆さん、お久しぶりです。我が家はなんとかやってます。

今日、仕事が急にキャンセルになったので、京阪電車のファミリーレールフェア2007に行ってきました。息子は今年で三回目らしいのですが、私は初めて。周囲から覚悟して行くように(笑)と言われていたので、覚悟していきました。

ファミリーレールフェア2007
※京阪寝屋川市駅から徒歩約15分の寝屋川車両基地

ファミリーレールフェア2007
※「ALL KEIHAN サンクスフェスタ」となっています。

6haの敷地のうち、工場とその周辺が会場になっています。たくさんの社員の方が動員されていて、本当にお疲れさまという感じ。ざっと八割は家族連れですが、二割ほどの方は、大人から子どもまで、明らかに「鉄」さんとわかる方々。

ファミリーレールフェア2007
※トーマス号も間近に写真が撮れます。

ファミリーレールフェア2007
※古いびわこ号も展示されています。

広い工場の中ではいろんな見学や体験ができるようになっています。

ファミリーレールフェア2007
※クレーンで車両を持ち上げる実演はなかなかのもの。

ファミリーレールフェア2007
※車輪もたくさんころがっています。

駅の行き先案内の機械操作や信号機の説明、パンフグラフの昇降、ドアの開閉体験などはJRの交通科学博物館でもありましたが、車両基地の工場というだけあって、いろいろ現物がごろごろあること。きわめつけは、大人気の「洗車でGO!」。洗車機をみんなで体験します。

ファミリーレールフェア2007
※「洗車でGO!」は長蛇の列。

2007_10_28_04_洗車でGO!

ヲタッキー親子で楽しむ

あっという間に過ぎていったゴールデンウィーク。
前半は仕事が入ったり、動員やら、会合やらでバタバタしていましたが、こどもの日は頑張ってみました。

まずは恒例のトミカ博(5月4日)。
小二になってもトミカ博というのは少しアレですが、とても楽しみにしていたので嫁の両親と5人でATCへ。

トミカ博会場
※すごーいたくさんのこどもたち!

※2007_05_04_01_トミカ博会場

入口で「TDMパトロールカー」を人数分もらいます。
で、幼児向け?の「のれるトミカ」、「トミカミニミニドライバー工房」、「トミカ組立工場」と回り、後はお買物ゾーン「トミカマーケット」へ。

トミカ組立工場
※「トミカ組立工場」でホンダのオデッセイをかしめてもらう

※2007_05_04_02_トミカ組立工場

次の日(5月5日)は、父と子のふたりで、こどもならだれもが一度はチャレンジする京阪特急の端から端への旅。
くずはから特急で淀屋橋まで。そこでいったん降りて、車内整理を待ち、出町柳行き特急の先頭車両に乗り込みます(淀屋橋行きの先頭車両の最前列は優先座席なので要注意!)。

用意した三脚にビデオカメラをセットして、天満橋から七条までカメラを回しました。運転手さん、失礼しました。

初めての撮影だったので、ドアの枠が入ってしまい、今一つの出来栄えでしたが、それでも、結構楽しめそうだったので、家に帰ってからDVDにダビングしました。

京阪電車はさすがに「京阪電鉄カーブ式会社」と言われるように、カーブが多く、細かく頻繁に制限速度表示があって、運転者さんの運転操作は大変そうです。

むすこは、大満足してもらえたようで、夜はぐっすり眠りました。でも、夜中に、寝ぼけて「ウーン」と、電車のモーターの声を出していました。

木津川鉄橋
※木津川の鉄橋を渡ろうとしているところ

※2007_05_05_01_京阪特急(木津川→淀川)