Vine Linux 4.1でキヤノンのMP600を使う

せっかくなので、Windows PCにつながっているキヤノンのMP600を共有にして、ノートPCから使えるようにしてみました。

キヤノンはLinux用のドライバを親切に提供してくれているとのこと。キヤノンのホームページから取ってきます。

最新版は2007/04/26のVer.2.70でした。
共通パッケージ:cnijfilter-common-2.70-1.i386.rpm
機種別パッケージ:cnijfilter-mp600-2.70-1.i386.rpm
操作説明書:guidemp600-pd-2.70-1.tar.gz

「Fedora Core 6」向けを参考にしながら進めます。
ライブラリが不足していればSynapticパッケージマネージャでインストール(デフォルトではgtk+が足りませんでした)してからドライバをインストールし、CUPS印刷マネージャを再起動します。

rpm -ivh cnijfilter-common-2.70-1.i386.rpm
rpm -ivh cnijfilter-mp600-2.70-1.i386.rpm
service cups restart

CUPS印刷マネージャの「新しいプリンタ」の「プリンタの追加」で、「ネットワーク・プリンタ」(「Windows プリンタ」)を選択し、共有プリンタを探して選択します。そうすると、ドライバの一覧でMP600が見つかるはずです。

アプリによっては動かないものもありますが、これでたいていのことはできますね。

CUPS印刷マネージャでMP600のプロパティを開いたところ
※CUPS印刷マネージャに無事登録