高精細度動画編集にチャレンジ

一年ぶりです(笑)。我が家はなんとかやってます。

この間、地域SNS(地域SNS「けいはんな」)のシステム管理の勉強が中心だったので、ついつい投稿もそちらへばかりになっています。

ご時勢で仕方ないかも、ですが、関わっている市民活動団体とかの映像記録で1080iのHDカメラで撮る機会が増えました。

でも、撮るのはいいけど後が大変。皆さんはどうしていらっしゃるかなって気にはなっても、お金もないし、とりあえず今年はマシンに投資。7年ぶりのPC買い替えです。

自作するより、ここはなんといってもお安いGatewayのDX4820-23。インテルCore 2 Quad Q9400で、標準メモリ4GBに4GBを増設して8GB。ハードディスクは標準640GBでは心もとないので1TBを追加。OSはVista 64bit版。

フル64bit環境で高価な動画編集ソフトにお金をかけることができないので、可能な限り、OSバンドル製品とフリーソフトの組み合わせになります。

■最低限用意するフリーソフト

■ノンリニア編集の工程

  • HDカメラからAVCHDのビデオファイル(MTSファイル)を取り出す。
  • Windowsムービーメーカーで16:9編集してWMVファイルにエンコードする。
  • YouTubeにそのままUpload。
  • 他のサイズ(1280×720など)への変換が必要であればWindows Media エンコーダ x64 Editionでエンコード処理。
  • DVD-VIDEOとして焼く場合はWMVファイルをソースにDVD Flickで編集してImgBurnで焼く(Windows DVD メーカーはDVDを閉じてくれない!笑)。

Windows ムービーメーカー
※Windows ムービーメーカーで16:9編集しているところ

Windows Media エンコーダ x64 Edition
※Windows Media エンコーダ x64 Editionなら4CPUで負荷分散処理

今年の夏、HDでYouTubeにアップしたど素人な動画たちです。


※日食2009(2009年7月22日の日食の様子)


※神戸スカイマークスタジアムに行く(京阪樟葉~神戸市営地下鉄総合運動公園)


※雷鳥出発!(京都~敦賀往復、息子と二人旅)