DTMの楽しみ

初めてDTMを体験したのが1993年の冬。それまで、ほとんどPCは触ったこともなかったし、えっ、パソコン?(アレルギー)みたいな感覚があったけど、仕事も忙しく、演奏活動がなかなか思うようにいかなくなっていたので、思い切って初心者向けの機器を揃えたのが始まり。

音楽するなら、やっぱりMacやろ、とかいろいろ言われながらも、周囲にMacを使いこなしている人もいないし、DOS/V(PC/AT互換機)もまだ普及してなかったから、仕方なしにNECのPC98(PC-9821Bp)に懐かしのRoland「ミュージ郎」(音源はSC-55mk-II)をセットで買いました。結構、すごい金額だったと思います。

※ピポッと鳴ったPC98
懐かしのNEC PC-9821Bp

附属していたシーケンサソフトに、当時、有名だった「Ballade3」というのがあって、16色表示のMS-DOS画面なのに、ビジュアル的に楽しいソフトで、音符貼り付け入力ができました。

音楽制作をするために始めたPCでしたが、結果的には、その後、ITっぽい仕事に携わるようになってしまい、少しでも時間があるなら生演奏せんと、ということで、今に至っています。というか、舞台制作をしたいのであって、別に作曲がしたいわけでもないし、だいたいからしてそんな才能があるわけでもないよな、なんて、改めて気づいたのですが。。。

今でも、ちょっとした演奏の機会にフルバンドを組めないときなんかには、パート抜きのMIDIカラオケを作ったりできるし、結構便利です。

ただ、未だにデスクトップ環境がWindows2000(Singer Song Writer 5.0とSC-8850!)で、世の中の流れについていこうとするとソフトの維持コストが大変だから、時間があればLinuxでDTM環境をつくっていきたいな、と思います。

※シーケンサ&楽譜ワープロのRosegarden
シーケンサ&楽譜ワープロのRosegarden

ブログパーツあれこれ

試験運用に関わっている地域SNSで使うブログパーツを探しにあれこれ見ていたら、うちのサイトにも使いたくなってきました。
使ってみたのは、次の4つ。

  1. YOURRSSさんのRSS TICKERで「TopiX
  2. livedoorのお天気プラグイン
  3. NHKの「ラボ・ブログ」で紹介されている「NHK時計
  4. BlogDecoさんの「CookClock

ブログパーツ.comさんブログパーツをさがせさんを参考にさせていただきました。

Flashを使っているのを複数貼り付けると重たくなるので、慎重に選びます

公園に行きましょう

ひろーい!

久しぶりに春の陽気だった今日、お墓参りの帰りに、だんぜん広くなった大阪府営山田池公園に寄り、有名な築山(「芝生の丘」)に初めて登りました。360度パノラマの景色は気持ちいいですよ。

秀吉さんの時代なら、きっと大阪城まで見えたでしょうね。

公園内には新たにバーベキュー広場もできて、大変な賑わい。遊具もたくさんあって、一日中遊べそうです。今度はお弁当持ちで来なくてはならないぞ。

おじいちゃん、おばあちゃんには、ちとキツかったかもしれないですが、それでも三世代キャッチボールをしてから帰りました。

※2007_03_21_01_公園に行きましょう


※2007_03_21_02_おばあちゃんといっしょ


※2007_03_21_03_三世代キャッチボール

メタファイルの自動生成

ドキュメントフォルダのショートビデオフォルダにwmvファイルを置いて、フォルダ内のファイル一覧をPHPで表示していますが、コンテンツの再生は、ダイレクトにwmvファイルのリンクにしていました。

今さらなんですが、Windows Media メタファイルwvxを(初めてブラウズされるときに)自動生成するようにして、その一覧を表示するようにしてみました。

おいおい、Flashムービーも対応していきたいですね。

※2007_03_18_01_ごろごろすべり台
2007_03_18_01_ごろごろすべり台

※2012年5月現在、wvxファイルは使用しない仕様にしています。

デザイン統合作戦

フォルダとファイル内容をシンプルに表示するだけのお手製CMS(PHP & MySQL)を、Movable Typeのデザイン & DBと、ほぼ統合しました。

Movable TypeはPerlが基本で、しかも「再構築時」にだけ吐き出すことを前提にしたDB上のデータの持ち方が主なので、そのままではなかなか利用しにくいのです。

どうしても、というならMovable Type側をダイナミック・パブリシングにして、Smartyを使うらしいのですが、素のPHPでがちゃがちゃするのが慣れているので、まぁいいかなと。

ある程度共通の表示データはMovable TypeのテンプレートのデータとしてDBに保存すればいいし、MySQLを叩けばいつでもPHP側で利用できる、というぐらいのノリで(おいおい書くつもりです)。

それはともかく、一番嬉しいのは、Movable TypeのStyle Catcherも自動的に適用できること。最初はどうしようかなと思いましたが、デフォルトのテンプレート構造がなんとなくわかってきたので、基本的な表現ぐらいなら。

とはいえ、デザインは苦手なので、ブログ分野では、あまり人のお役には立たないような。。。