Facebook for WordPressを使ってみる

生活もようやく落ち着いてきたので、WordPressを少しだけ使い始めてます。
皆さんどっとfacebookに流れていらっしゃるのでfacebook公式の「Facebook for WordPress」を使ってみることに。
でも、日本語表示にならないのでちょっと工夫を。

バージョン1.0.2の場合、wp-content/pluginsにあるファイルfb-core.phpの206行目の「function fb_get_locale()」を次のように修正しました。

218行目「$locale」の判別で、「ja」と返されるとこのままでは「ja_JA」になってしまうので、「ja」の場合は無理やり「ja_JP」にする必要があるみたいです。

※修正前

if (strlen($locale) == 2) {
    $locale = strtolower($locale).'_'.strtoupper($locale);
}

※修正後

if (strlen($locale) == 2) {
    // 2012071601
    if( $locale === "ja" )
        $locale = "ja_JP";
    else
    // 2012071601
        $locale = strtolower($locale).'_'.strtoupper($locale);
}

これで「Like」ではなく、ちゃんと「いいね」表示になりました。

※参考
http://blog.sus-happy.net/201206/facebook-wordpress/

高精細度動画編集にチャレンジ

一年ぶりです(笑)。我が家はなんとかやってます。

この間、地域SNS(地域SNS「けいはんな」)のシステム管理の勉強が中心だったので、ついつい投稿もそちらへばかりになっています。

ご時勢で仕方ないかも、ですが、関わっている市民活動団体とかの映像記録で1080iのHDカメラで撮る機会が増えました。

でも、撮るのはいいけど後が大変。皆さんはどうしていらっしゃるかなって気にはなっても、お金もないし、とりあえず今年はマシンに投資。7年ぶりのPC買い替えです。

自作するより、ここはなんといってもお安いGatewayのDX4820-23。インテルCore 2 Quad Q9400で、標準メモリ4GBに4GBを増設して8GB。ハードディスクは標準640GBでは心もとないので1TBを追加。OSはVista 64bit版。

フル64bit環境で高価な動画編集ソフトにお金をかけることができないので、可能な限り、OSバンドル製品とフリーソフトの組み合わせになります。

■最低限用意するフリーソフト

■ノンリニア編集の工程

  • HDカメラからAVCHDのビデオファイル(MTSファイル)を取り出す。
  • Windowsムービーメーカーで16:9編集してWMVファイルにエンコードする。
  • YouTubeにそのままUpload。
  • 他のサイズ(1280×720など)への変換が必要であればWindows Media エンコーダ x64 Editionでエンコード処理。
  • DVD-VIDEOとして焼く場合はWMVファイルをソースにDVD Flickで編集してImgBurnで焼く(Windows DVD メーカーはDVDを閉じてくれない!笑)。

Windows ムービーメーカー
※Windows ムービーメーカーで16:9編集しているところ

Windows Media エンコーダ x64 Edition
※Windows Media エンコーダ x64 Editionなら4CPUで負荷分散処理

今年の夏、HDでYouTubeにアップしたど素人な動画たちです。


※日食2009(2009年7月22日の日食の様子)


※神戸スカイマークスタジアムに行く(京阪樟葉~神戸市営地下鉄総合運動公園)


※雷鳥出発!(京都~敦賀往復、息子と二人旅)

ふーふー吹いてもいいのです。

久々の音楽ネタ。このタイトル、サイトやブログの引っ越しを繰り返すたび、消しては書いての繰り返しですが、もう一度書いておこうと思います。リコーダーの楽しみ第一部というところですね。

初めてレコードで聴いたリコーダー音楽は、デイヴィッド・マンロウとフランス・ブリュッヘンの演奏。高校三年生の秋。音の出し方に耳が釘付けになりました。

それまで、リコーダーの発音と言えばタンギングの印象が強くて、「トゥートゥー」言わないとリコーダーでないみたいな、そんなふうに思い込んでいましたから。

学校教育が悪いわけではないし、ABS樹脂製リコーダー教材も限界があるから仕方ないのですが、過度にタンギングに頼って、息の量も速度も考えない画一的な発音をしていたと思います。

ところが、マンロウとブリュッヘンなど古楽器演奏の世界ではまるで違っていて、とりわけブリュッヘンの吹き方は独特でした。

今から考えるととても当たり前のことなんですが、息を入れて楽器を鳴らす。息をたっぷり太く吹くこともあれば、少しの息で細く吹くこともある。すばやく入れるときもあれば、そろりと入れることもある。その上、加速するときもあれば、減速することもありますね。

息が形となって見えること。他の木管楽器と同様、リコーダーにも当然そういう吹き方があるんだということに、改めて気づかされました。「ふーふー」吹いて初めて見えてくる豊かな世界。それがリコーダーの楽しみの原点だったように思います。

メックのアルトリコーダー
※メックのアルトリコーダー

関西本線の旅

昨日は一日公共交通機関を使って家族で小旅行。目指すは関西本線のディーゼル気動車キハ120形。

まずは京阪バスの「1dayチケット大阪版」を使って、朝8時49分、自宅最寄のバス停から乗って、途中で乗り換えてJR長尾駅へ。

JR西日本207系木津行き
※JR西日本207系木津行き

長尾から9時39分発の木津行き快速(長尾以降は単線区間で各駅停車)に乗って終点木津まで向かいます。

木津駅で乗り換え
※木津駅で乗り換え

木津で10時23分発の大和路快速加茂行きに乗り換えます。木津から加茂は単線で、途中のトンネルはかなり耳にこたえました。

JR西日本221系大和路快速加茂行き
※JR西日本221系大和路快速加茂行き

お目当てのキハ120形。亀山-加茂間を受け持つ亀山鉄道部所属でとても目立つ青い車両。ダイヤは1時間に1本。11時10分の発車まで加茂駅で40分以上待ちました。

第二土曜日の日中便は運休するらしいのですが、昨日はたまたま夏休み期間中で運行されていました。

木津川市加茂から木津川に沿って笠置町、南山城村を通り、伊賀市へとのんびり山越えしていきます。加茂から伊賀上野まで26.4kmを37分で走ります。

JR西日本キハ120形普通亀山行き
※JR西日本キハ120形普通亀山行き


※伊賀上野駅を出発するキハ120形

伊賀上野駅でもたもたしていて伊賀鉄道に乗り損ねたので、タクシーで上野公園まで。1010円もかかりました。
上野公園に着いたらとりあえずお昼ごはん。ざるそば700円。お味はまずまず。

上野公園観光食堂でざるそば
※上野公園観光食堂でざるそば

ご飯を食べたら定番の伊賀流忍者博物館(忍者屋敷、忍者体験館、忍者伝承館)へ。大人700円、小人400円。

忍者屋敷で体験
※忍者屋敷で体験

縄ばしごを昇る
※縄ばしごを昇る

次に上野城天守閣を登ります。大人500円、小人200円。猛暑日でしたが、天守閣を吹き抜ける風は涼しげでした。

上野城を見上げる
※上野城を見上げる

天守閣を降りたら、お城のすぐ近くににある愛間亭というお店で休憩。ここでは忍者姿に着替えることができるとのこと。私たちはかき氷をいただきました。写真ではオレンジですが、宇治金時がお勧めです。

愛間亭でかき氷
※愛間亭でかき氷

徒歩で三重県立上野高校と伊賀市立上野西小学校の間の道を通って南へ。上野西小学校は木造風でとてもすてきな雰囲気。上野高校もとても明るい校舎でした。上野高校の西側には中学校もあるらしく、お城の南側に小中高と仲良く並んでいるのですね。

伊賀鉄道「くノ一」(くのいち)ラッピング車両
※伊賀鉄道「くノ一」(くのいち)ラッピング車両

伊賀鉄道は昨年(2007年)、近鉄から分離した三セク会社。城下町をのんびりと走る姿はとても風情があります。こちらも1時間に1本。

夏休みなのに、大学受験に向けた補習でしょうか、上野高校の学生さんたちがたくさん乗り込んできましたが、皆さん、とてもほがらかな生徒さんたちでした。

伊賀鉄道車両内の運賃箱
※伊賀鉄道車両内の運賃箱

伊賀上野駅に到着した伊賀鉄道
※伊賀上野駅に到着した伊賀鉄道

往路と同様に、15時31分発の関西本線加茂行きに乗り(結構混んでました)、復路も加茂、木津へと。木津からは奈良線に乗り換えて宇治まで乗りました。

JR西日本103系普通京都行き
※JR西日本103系普通京都行き

JR宇治駅から京阪宇治駅まで徒歩で約15分ほど。これは子連れでは少しキツかったかも。17時を過ぎていましたが、まだまだ暑くて汗だくでした。

久しぶりの京阪宇治線。宇治駅がとても広くきれいに改装されていたのには驚きました。

京阪2600系(宇治線)普通中書島行き
※京阪2600系(宇治線)普通中書島行き

京阪5000系急行淀屋橋行き
※京阪5000系急行淀屋橋行き

くずはモールで夕ご飯を食べ、スタバでデザートもいただいて、バスに乗って帰ると帰宅は21時前でした。

結構、いろいろ散財しましたが、ローカル線に乗ると山間の空気と景色だけでなく、流れる時間が違うし、心身ともにほっとすることができました。

京阪中之島線トンネルウォーク

皆さん、とってもお久しぶりです。なんとか無事です。
さて、昨日は、今年10月19日に開通予定の京阪中之島線トンネルウォークに親子三人で参加してきました。息子が申し込んでいたものでした。

京阪8000系特急で出発
※京阪8000系特急で出発

集合時間は午前9時40分の組。集合場所はなにわ橋駅建設現場。北浜駅で降りて、難波橋を渡り、中之島通を西に歩き、中央公会堂前まで行くと、会場入口と受付がありました。

難波橋
※難波橋

中央公会堂
※中央公会堂

会場入口で
※会場入口で

受付を済ませ、資料一式を受け取った後、トンネル内での諸注意など簡単な説明を受けます。構内に入る前にヘルメットと軍手で装備します。猛暑日にヘルメット着用はかなりの気合いが必要です。

説明を聞きます
※説明を聞きます

なにわ橋駅構内入口前で
※なにわ橋駅構内入口前で

工事中の駅構内は、地上よりはやや涼しい感じ。でも、まだかなりホコリっぽく、新建材の匂いと合わさって、なかなかのもの。なにわ橋駅のホームから、いよいよトンネルに降り立っていきます。

なにわ橋の表示板
※なにわ橋の表示板

トンネルウォーク開始!
※トンネルウォーク開始!

トンネルは工事が完了していて、とてもきれいです。今にも試験走行を始められる状態に見えました。実際に地下の軌道沿いに歩いてみると、実にたくさんの設備が整えられていることがわかります。

大江橋の表示板
※大江橋の表示板

渡辺橋の表示板
※渡辺橋の表示板

各駅の間隔は、300数十メートルから500メートル程度。最後の渡辺駅と中之島駅がやや長めです。中之島駅の手前で、トンネルの壁の材料が変わります。地下深い所では黒いダクタイル製のDCセグメント、浅い所では白いコンクリート製のRCセグメント、とのこと。

トンネル壁面の色が変わる
※トンネル壁面の色が変わる

中之島駅は、壁に木製板が敷き詰められていて、木の香りが漂っていました。ホームの構成は淀屋橋駅に似ていますが、3番線ホームまでしかありません。ホーム幅が取れないためだそうです。

ホームの壁面は耐火木製板
※ホームの壁面は耐火木製板

約一時間をかけて2kmを歩いたことになります。終点の中之島駅ではなにわ筋に向かって地上に上がりました。京阪バスが用意されていて、淀屋橋まで送り届けてくりました。

ようやく地上の光が
※ようやく地上の光が

バスが待ってくれていました
※バスが待ってくれていました

京阪9000系特急で帰ります
※京阪9000系特急で帰ります

京阪沿線の住民にとっては(中之島の「島民」さんたちの通勤は別にして)、中之島線ができると、中央公会堂やバラ園、リーガロイヤルホテルやフェスティバルホール(建て替え予定)などなどに行きやすくなるのが楽しみですね。


※YouTubeも見てね!